有料記事

ムウの願いが叶う戦い

ブログに掲載したムウ の三段腹の青春の 番外編です。 とうとうこの時が来た。 この試合に勝てば私の一つの夢が叶う。 絶対に負けられない。 人生をかけた勝負だ。 小さい頃から父親の事が好きだったムウは、 家で鍛えている姿を真似して過ごしていた。 遊びも女の子と遊ぶより、男の子と泥んこになりながら日が暮れるまで動き回った。 その頃のムウはプロレスの事は分からなかったが、父親が戦っている姿は脳裏に焼き付いている。 勝った時の父親の笑顔がムウはたまらなく好きだった。 私も大きくなったら、同じ笑顔をして父親に、喜んでもらおうと心に誓っていた。 幼稚園からレスリングに通い、最初は弱くて泣いてばかりだったが、近頃は男の子も組み伏せて泣かせてしまう、そんな女の子になっていた。 大会での優勝は詰めの甘さもあり準優勝か三位止まり。 それでもムウは楽しんでレスリングに励んだ。 ある大会では2つ年上の男の子が凄い人気で、会場の女の子が色めきだっていた。 動きも技も同じ年の子とは全然違う。 ムウは目を丸くして試合を見ていた。 顔も体つきも良く、小さなムウでもなんか憧れを少し持った。

レビュー

まだレビューがありません

趣味・レッスン

もっとみる

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード