大手出版社への持ち込み企画書を一緒に作りましょう!

ブランディング出版を行っている玄武書房です。 ※ブランディング出版は商業出版のひとつ こちらは【本気で出版を目指している人】向けのサービスです。 商業出版の持ち込み企画書には『作り方』があります。 ただし、それは書籍に書かれているような一般論だけでは語れませんし、大人数で行うような出版セミナーなどで学んだところで、出版社が求める企画書には至りません。 その個人(著者)に合った企画書の作り方があります。 あなた(著者)の魅力を最大限に引き出して、出版社に「売れるかも!?」と感じさせるような企画書を作成していかなければいけません。 こちらのサービスは、個別指導で何度もやりとりを行い、時間も労力も必要なので、本気で出版を考えている人であり、その知識や経験などが『著者としての可能性』がある人のみが利用できます。 ※リクエスト後の質問等で判断させていただきます。 万一、現時点で、著者としての資質に欠けていると判断した場合には、こちらからキャンセルさせていただきますのでご了承ください。 <サービスへの想い> 上記のように、著者として(出版できる)可能性がない人はお断りしていますが、それは「可能性がないのにお金をもらえない」からです。 ぶっちゃけ、一般的な出版コンサルタントであれば30~50万円くらいで行っている内容になりますが、私は本の持つ偉大な力を、少しでも多くの『著者予備軍』に体験してもらいたいと思っています。 ■サービス内容 基本的には、著者主導で企画書を作成して、それを細かく修正していく流れで持ち込み用の企画書を完成させます。 ・企画書の作成(タイトル、サブタイトル、キャッチコピー、著者名、読者層、企画概要、類書、差別化など) ・著者の経歴や各種必要事項書類の作成 おまけとして、実際に企画書を持込む際に必要な以下の3点もプレゼント致します。 ・おまけ1(出版社向け送付状テンプレート) ・おまけ2(書籍に合った出版社リスト) ・おまけ3(魅力的な目次の作り方・PDF)